フォントとデザインの関係

こんにちは、mimiです。

今回は、「フォント」と「デザイン」の関係について少し書いてみたいと思います。

webでも紙面でも、デザインをする時に欠かせないのがフォント選びです。
「見る人に何を伝え、どんな印象を与えたいのか」から「どんな雰囲気のデザインにするのか」を考え、デザインやキャッチコピーに合うフォントを選びます。

ここで、使用するフォントによって言葉の印象がどの様に変わるのか、基本的なフォント「明朝体」「ゴシック体」「丸ゴシック体」を例に挙げて比較したいと思います。

まずは「高級感」です。もちろん、感覚は人それぞれなので一概には言えませんが
左の「明朝体」の方が高級な感じがしませんか?

高級感を感じさせるデザインをするなら、「ゴシック体」より「明朝体」を使用した方が良いかもしれません。

次に「男性」「女性」です。「ゴシック体」の方が男らしく力強く感じ、「明朝体」の方が女性らしいしなやかさを感じます。

そして「かわいい」「うつくしい」はどうでしょうか。
「かわいい」は「丸ゴシック体」の方が「明朝体」よりも可愛さが勝っていると思います。
しかし「美しい」に関しては「明朝体」の方が美しさが伝わります。

以上、あくまでも私の個人的な感覚ではありますが、何か制作する機会があった時、
皆様のフォント選びのご参考になれば幸いです。

ダニエルホーのなかまたち -MAKENA-

こんにちは。akiです。

現在、ダニエルホーアウトレットフェアを開催していますが、ダニエル名義のCDだけでなく、ダニエルホークリエイションズよりリリースしている他アーティストのCDも少しずつ皆さまにお届けする予定となっております。
その中から今回は「MAKENA」をピックアップ。来週あたりに販売開始します。販売中です!!

MAKENA(マケナ)

MAKENA(マケナ)

通常、タイトルがあってアーティストの名前が表記されているのが一般的ですが、こちらのCDはたった一言「MAKENA」のみ。ハワイ出身、女性2人組のアーティストです。ちなみにハワイ語で「豊かな」という意味。彼女たちの才能に注目したダニエルが声をかけ、リリースに至ったそうです。

現在は「MAKENA」という名前ではなく「Siena & Toast」名義で活動しているとのこと。彼女たちの名前そのままで、実は私生活でもカップル。音楽をとおして、LGBTの活動にも力を入れているのだそうです。

「豊かな」という意味は、ふたりが感じているライフスタイルの充実ぶりを指しているのかもしれません。ぜひハーモニーを聞いてみたい! と思った方は「MAKENA」をチェックしてみてくださいね。

素敵なラッピングデザイン

こんにちは、mimiです。

最近、友人に誕生日プレゼントを渡す機会がありました。 そんな時、いつも私が悩むのは「何をプレゼントするか」という事と「どんなラッピングにしようか」という事です。

今回、「これだ!」というプレゼントの品物は見つかったのですが、店員さんが見せてくれたラッピング見本がイマイチでした。

普段は「エコ」を心がけ、なるべく包装はしてもらわないように買い物をしている私ですが、プレゼントの時ぐらいはラッピングや紙袋にこだわりたいと思っています。結局、包装紙やリボン等を別途購入し、自分でラッピングして渡す事にしました。

とはいえ私のラッピングの技術が優れているわけではないので、ネットで色々なラッピング方法を見ながら試行錯誤し、なんとか満足のいく仕上がりになりました。

今回参考にしたのは「包装部」というサイトです。
https://www.taka.co.jp/housoubu/wrapping/arrange.html

プレゼントの形状に合わせて色々なラッピングバリエーションが紹介されています。

さらに、包装紙もオリジナルで作りたい! という方にはこちらがオススメです。 「郵便局 ゆうびん.jp」 https://yu-bin.jp/wrapping-design-kit/

「郵便局 ゆうびん.jp」

包装紙も含めて、素敵なプレゼントになりますね。

心を込めたプレゼントを貰うと嬉しいものです。包装紙も自分で作成してラッピングすれば、きっと相手に気持ちが伝わると思います。

次回、誰かにプレゼントをする機会があったら、自分で作成した包装紙で素敵なラッピングをしようと思います!