フォントとデザインの関係

こんにちは、mimiです。

今回は、「フォント」と「デザイン」の関係について少し書いてみたいと思います。

webでも紙面でも、デザインをする時に欠かせないのがフォント選びです。
「見る人に何を伝え、どんな印象を与えたいのか」から「どんな雰囲気のデザインにするのか」を考え、デザインやキャッチコピーに合うフォントを選びます。

ここで、使用するフォントによって言葉の印象がどの様に変わるのか、基本的なフォント「明朝体」「ゴシック体」「丸ゴシック体」を例に挙げて比較したいと思います。

まずは「高級感」です。もちろん、感覚は人それぞれなので一概には言えませんが
左の「明朝体」の方が高級な感じがしませんか?

高級感を感じさせるデザインをするなら、「ゴシック体」より「明朝体」を使用した方が良いかもしれません。

次に「男性」「女性」です。「ゴシック体」の方が男らしく力強く感じ、「明朝体」の方が女性らしいしなやかさを感じます。

そして「かわいい」「うつくしい」はどうでしょうか。
「かわいい」は「丸ゴシック体」の方が「明朝体」よりも可愛さが勝っていると思います。
しかし「美しい」に関しては「明朝体」の方が美しさが伝わります。

以上、あくまでも私の個人的な感覚ではありますが、何か制作する機会があった時、
皆様のフォント選びのご参考になれば幸いです。