Google Chromeのアドレスバーに表示される警告について

Google Chrome(ブラウザ)でインターネットを利用しているとアドレスバーに警告表示として「i」のマークが表示されることがあります。「保護されていない通信」という警告が表示される場合もあります。


こちらは閲覧しているサイトにSSLという暗号化技術が使用されているかがわかるようになっています。
SSLで暗号化されているサイトは下記の画像のように「保護された通信」と表示されます。

SSLで暗号化されているかURLで確認することもできます。
URLの先頭が「http」ではなく「https」になっている場合はSSLが使われています。

インターネットバンキングやネットショッピング、資料請求や問い合わせでは大切な個人情報を入力することがありますが、SSLで暗号化されていることで、情報を万が一盗み見されたとしても解読できないようになっています。
入力の際は、サイトにSSLが使用されているか確認することをおすすめします。

SSLで暗号化されているかどうかはブラウザごとに表示が異なりますので、興味のある方はご自身の利用されているブラウザごとに調べてみてください。