令和最初のプチ当たり

こんにちは。akiです。

長かったGW、皆さまはどのようにお過ごしになられましたでしょうか。
宮川は和歌山まで行ってきたそうです(ミヤカワブログをごらんくださいませ)
私は近場で買い物する程度で、あとはひたすら家の片づけをしていました。
元号が令和になる瞬間もテレビで見ていましたが、新年が来た感覚と似ていましたね。
勝手な感想ですが、「レイワーっ!」と叫びやすいので、さらに親しみやすい印象になるのかな、とも思いました。

片づけがてら、お年玉年賀ハガキの当選番号をチェック。今年は特別に「ダブルチャンス賞」として、令和元年の切手シートがもらえるとのこと。ちょっと気になりましたが、100万本に4本の確率はなかなか厳しく当たっていませんでした。残念。
「ま、普通の切手シートぐらいは当たっているかも」と軽い気持ちで再び眺めていると、なんと下4桁が当たっているものが! 2等!!
「おおおぅ。」と地味に声を上げてしまいました。ふるさと小包の中から選んでいいそうです。やった。
連休明けにさっそく郵便局に行くと、本人確認やらなんやらでけっこう手続きに時間がかかりました。郵便局員さんもあたふたしていたので、あまり当たらないものなのかもしれません(と、思いたい)。
ちなみに1等はロボットやドローン、ペア旅行券、現金(!!)の中から選べるそうです。やはり1等は豪勢ですね。

今年の切手シートは「招き猫」。切手の右端がハートになっています。かわいい!

締め切りは7月までということなので、じっくりと考えます。
思わぬいいことがあったので、お仕事もさらにはかどりそうな気がします。いえ、はかどってます。