手前みそソムリエ

あけましておめでとうございます。akiです。
本年もコーラルをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年末のブログに2018年は「手前味噌」でなければならない理由がある! と述べましたが、実は先月みそソムリエ認定協会認定の「みそソムリエ」になったからなのでした。
Web制作とみそ、Hawaiiとみそ・・・一見コネクトしない感じがありありなのですが、今年は勉強した成果や自分自身がみそ造りを通して学んだことを活かしたサイトを作ろうと考えております。

また、コーラルのクライアントの中にも、食に関する業種の企業さまはいらっしゃいます。ただ単にみそのサイトを制作するだけでなく、企業さまどうしをつなげるようなコミュニケーションができたらいいな、と考えています。
例えば、漬けダレとしてのみそを作ってくれるいわゆる「みそOEM可能」な会社を探している企業さまとつなぐ、とか。みそのことを知らなくてもできる仕事かもしれませんが、より具体的なご提案ができそうです。

もちろん、エアみそソムリエになるのはもったいないので、その中で自分が仕込んだみその紹介もちょこちょことしていくつもりです。
すでにみその仕込みは数回経験済みで、美味しさも理解しています。でも、まだまだひよっこ。こちらも個人的に精進します。これは仕込み終了直後の画像です。

ちなみに、みそソムリエの資格取得(希望)者は主にみそ造りの現場に携わる方が多いようですが、最近は食の現場(フードコーディネーターや他の食物のスペシャリストなど)の方、そして手作りみそに興味のある主婦の方など、どんどんと広がりを見せてきているようです。
私もみそソムリエの裾野を広げる異業種としてカウントされるのでしょうか。なおさら何か、形にしないといけませんねー。

認定証とともに、「今年からバッヂができました」と言われて同封されてきました。

大企業の社章みたいに見えますが、よくよく見ると大豆が2粒……。
おそらくみそに関連するイベントやワークショップ等を主宰される方の胸に輝くアイテムなのでしょう。大切にします。

この資格がみそ漬け、いや塩漬けになる前に、良い方向へ醸していこうと思います!

今年の四字熟語は「不易流行」

こんにちは、mimiです。

今年のブログのトリを務めさせていただくことになり、少しプレッシャーを感じております。。
昨年に引き続き、今年の一年を振り返って四字熟語にしてみたいと思い、考えてみました。

選んだのは「不易流行(ふえきりゅうこう)」です。 「不易流行」とは、「変わることがない部分を忘れずに、新しく変化を続けているものを取り入れていく」という意味の言葉です。

不易流行(ふえきりゅうこう)。蕉風俳諧の理念の一つだそうです。

企業の経営理念にもよく使われる言葉で、「基本を受け継ぎつつも、常に時代の流れを察知して新しい試みにチャレンジしていく」という意味で使われています。

なぜこの言葉を選んだかというと、今年はコーラルの「LINE@取次店」としてのスタートの年となり、その業務を私が担当したからです。

全く初めての仕事で、勉強することが多くありました。

コーラルの企業理念である「デザインを通じて人々を幸せにする」という部分を忘れずに、LINE@という「新しく変化を続けているもの」を取り入れた事は、まさに「不易流行」という言葉がピッタリではないでしょうか。

来年も、お客様に喜んでいただくため、変化していく時代の流れに合わせられる様に日々努力したいと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
2018年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

合縁奇縁の2017年

こんにちは、イノウエです。
私が今年書くブログ記事は今回が最後です。
一年という時間が年々短くなっているように感じるのは、順調に年をとっているということだと思うのですが、それにしても今年も本当にあっという間でした。

今年はヒマラヤに行きました。上りも下りも激しくきついトレッキング中ふと目を上げると言葉を失うほど美しい、素晴らしい景色が広がっています。月並みですが、人生辛いときもやはりしばしば目を上げる必要があると思ったのでした。

そんなあっという間な一年を振り返ると、仕事の上だけでも、お客様との新たな出会いがあったり、新しい挑戦をさせてもらったり・・と、あれこれ浮かんできます。それなりに濃い一年でした。

個人的にも、ずっと歌いたい/演奏したいと思っていた曲に取り組む機会をいただいたり、一生の間に行くかどうかと思っていたヒマラヤに行く機会に思いがけず恵まれたり。また、偶然に偶然が重なった素晴らしい出会い等、印象深い出来事がいくつもあります。

公私ともに充実の一年だったと我ながら思うのですが、この充実の源になっているすべての出来事が、人様とのご縁により実現したものであるということに、今更ながら驚きを禁じ得ません。男女関係ではありませんが、縁は異なものという表現がぴったりだと思ったのでした。

似たようなことを表す四字熟語は?とふと思って調べてみたら、「合縁奇縁」が近そうです。
というわけで、今年の私は、「合縁奇縁」でした。
皆様にとってはどのような一年だったでしょうか。

末筆になりましたが、今年もたくさんの方に色々とお世話になり、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

グーグルトレンドについて

こんにちは、tsutomuです。

GoogleでGoogleTrends(グーグルトレンド)という無料のツールがあります。
急上昇キーワードや特定のキーワードなどの検索ボリュームの推移などを確認することができます。
私はプログラミング言語などの人気動向を知りたい時に検索キーワードで比較して見たりしています。

左上のバーガーアイコンからメニュー内の「調べる」を選択すると特定キーワードの人気度の動向などが確認できます。
下記画像のように複数の検索キーワードの人気動向を時系列や地域で比較をすることができます。
また関連キーワードなども出てきます。

いちごが2017年2月から4月にかけて人気動向の数値が大きくなっていました。
いちごが旬だからかなと思いました。
気になって苺の旬を調べたら、苺の旬は4月から5月らしいです。
現在はハウス栽培で12月後半から2月にかけて店頭に並ぶそうです。
勉強になりました。
もしかしたら食べるいちごだけではなく、何かアニメなどの影響を受けての変動の可能性もあるのかもしれません。

上記以外にもグーグルトレンドにはまだ機能があるので、もし興味のある方は利用方法を検索してみてください。

2018年を四字熟語で診断

こんにちは。akiです。
私のブログ担当は今年最後となりました。皆さまには大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

2017年も日々勉強だった、という印象が強いです。衰えゆく記憶力と戦いながら、いかに引き出しを増やしていくかの毎日だったと思います。2018年は、その引き出しすら忘れることのないよう、どんどんと技術を蓄積・活用していきたいものです。

さて、昨年最後のブログにて、今年にまつわる四字熟語をあるサイトで診断したところ、「魑魅魍魎」なんていうとんでもない四字熟語が出てきて、「やっぱり自分で考えます」と締めた覚えがあります。「これこそ自分で考えるべきことでした」とも言っていたような気もします。

そして今年も懲りもせず、別のサイトで診断してみることにしました。進歩がない、と言われそうです。なんとそのサイトは親切にも「人生運」「仕事運」「恋愛運」などなど、5つのカテゴリをそれぞれ診断してくれるとのこと。取り急ぎ「人生運」で昨年同様「aki」と入力してみました。
結果。

化け物続行中(2年目)


つまり、2017年だろうが、2018年だろうが、どこのサイトのどんなアルゴリズムだろうが、「aki=魑魅魍魎」ということなんでしょうね。分かりました。
とはいえ、このまま引き下がれないので、意地になった私は本名で再度診断してみました。(結局気にしています。)

「初めて自分で自分をほめたいと思います」と言えるようにがんばります


……2018年は「自画自賛」の年になりそうです。「魑魅魍魎」よりはましです。
しかし今までいいところがなかったこの一連の流れの中で、ひとつだけいいこと、というか、ある意味当たっていることがありました。

「手前味噌」


意味は自画自賛と変わりませんが、手前味噌でならなければいけない理由があります。
新年早々その意味をご説明できるいい流れを自ら作りつつ、今年はここで締めたいと思います。
2018年、皆さまにとりまして素敵な1年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

そして最後に年末年始におけるAinaMallの営業についてのお知らせです。

誠に勝手ながら、AinaMall2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)の間、休業させていただきます。年内の受付は12月27日(水)15:00までとさせていただきます。それ以降の発送及びお問い合わせへの回答は 1月5日(金) からの開始となりますので、ご了承ください。
なお、お買い物は上記期間に関係なくお楽しみいただけます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

感動! 星空の下の結婚式。

こんにちは、mimiです。

先日、友人の結婚式に招待されました。
その友人はとても可愛らしい顔立ちの女性なのですが、普段は化粧をほとんどせず、服装も派手好きではなく落ち着いたカジュアルなテイストを好む方でした。
そんな彼女が結婚式ではバッチリ化粧をして、美しく豪華なドレスを身にまとって現れ、見慣れない彼女の姿に私たち列席者は思わず、「おぉ〜!」と歓声をあげていました。

そしてこの結婚式で、他にも列席者が「おぉ〜!」と歓声をあげた演出がありました。
式の最後、照明が暗くなり、天井にプラネタリウムの星が現れ、同時にキラキラと輝く紙吹雪が舞い降りてきた事です。

今まで色々な結婚式に招待されましたが、紙吹雪が降りてきた結婚式は今回が初めてでした。

星空の下で結婚式。ロマンチック!

その他にも数々の演出があり、私たち列席者を楽しませてくれました。
例えば新郎新婦が車に乗って登場したり、花嫁がお色直しで可愛らしい花冠で登場したり、純白のドレスに新郎とお揃いのスニーカーを合わせていたり…。
引き出物の他に手渡しでくれたプチギフトも手作りで、とても愛らしく心のこもった品物でした。

珍しい演出の数々でしたが決して派手な感じではなく、とてもセンス良くまとめられていました。
彼女は広告デザインの仕事をしており、とてもセンスが良いので、どんな式になるのか私は密かに楽しみにしていました。
やはり期待を裏切ることなく、彼女らしい素敵な式でした。

「見る人をどう思わせたいか」「どうすれば喜ばれるか」の視点を持った彼女だからこそ、素晴らしい結婚式を挙げられたのだと思います。
感動的な式に刺激を受け、新郎新婦の幸せを願うとともに「私ももっとセンスを磨かなきゃ。」と思う一日になりました。

折本設備様のウェブサイトを公開しました。

こんにちは、イノウエです。
11月1日、株式会社折本設備様(相模原市)のコーポレートサイトを公開しました。

土木・水道・管・舗装・造園といった分野の工事を多く手がけておいでの企業様で、それらの工事における課題を解決する装置や、作業効率を上げる装置の開発も行われています。開発された装置はNETIS(国土交通省の新技術情報提供システム)や実用新案として登録されており、技術の向上や研究開発にも大変熱心な企業風土の会社様でした。

株式会社折本設備様(相模原市)のウェブサイト

HOMEが長めなので、ここでは上の方だけ・・

HOMEの上部には大きな画像でスライダーを入れています。
1枚目は、折本設備様の社員旅行で行ったハワイで従業員の方が撮影されたものです。

とても綺麗に撮れていますよね。
これ、実は色の調整等の加工をしていません。
プロ並みというか、素材集で販売されているものより秀でている部分もあり、1つの作品として見事な出来栄えだと思いました。

この画像を含めて、建設業のイメージがあまりわかないデザイン&レイアウトとしたのですが、そここそが今回最もこだわった点でした。
おしゃれな家具店のようなイメージで、でも会社概要や施工事例、開発した装置についてはしっかり伝える。
企画段階のデザイン案の時から、ずっとそこを目指していました。

社長さんはとてもクリエイティブな方で、デザイン上のご要望やアイディアは実に刺激的。制作には毎度全力を上げて取り組みますが、今回はまた特別に思い入れのあるサイトとなりました。

採用情報に掲載する社員さんのインタビューの際にはライターさんに私も同行して、素晴らしいお話をたくさん伺うことができました。昔からガテン系の男性に憧れる傾向があり、それもあって通常の8倍はおいしい経験をさせていただいた気がします。事務の女の子が教えてくれる裏話も大変興味深いものでした。

折本設備様採用情報社員インタビューのページ

温かさと創造性といつも共にある感触が常より際立つお仕事でした。
ぜひ見てみてくださいね。

箱根美術館の紅葉を見てきました。

こんにちは、tsutomuです。

箱根湯本駅まで車で行き、そこからロードバイクで大涌谷まで紅葉を見ながら走ろうと思い箱根に行きました。
箱根湯本から大涌谷までが距離約14キロ、高低差約900メールになります。

途中、箱根美術館の紅葉が綺麗だと聞いていたのでよってみました。
写真は箱根美術館の紅葉をスマートフォンで撮ってきました。
カメラは重いので持ってきませんでしたが持ってくればよかったなと思いました。

紅葉の赤や黄色だけでも綺麗だったのですが地面に敷き詰められた緑の苔が対照的ですごく色鮮やかで美しかったです。
美術館内に抹茶と和菓子がいただける茶室があったので休憩しながら鑑賞しました。
茶室は室内の照明が暗めに設定されていて窓から見える景色が絵のように切り出されておりグリッドレイアウトのようでよかったです。
心身ともにすごくリフレッシュできました。
今回の経験が今後のweb制作に生かせればと思っています。

ゆったりしすぎて予定より遅い時間に退館したため、大涌谷までは行きませんでした。
別の機会にロードバイクで箱根湯本から大涌谷までのコースに再挑戦したいと思います。

11月の誕生石「シトリン」でベビーリングはいかが?

こんにちは。akiです。
11月ですねぇ。ようやくお天気も落ち着き始め、なんとなく冬に近づいている感じがもの悲しいです。コーラルのオフィスはとても眺めがいいので、晴れた日は遠くの山々までよく見えます。

さて、11月の誕生石は「トパーズ」「シトリン」などが挙げられますが、アイナモールで扱っているのは「シトリン」の方です。
シトリン

別名「黄水晶」とも言われ、ベビーリングのサイトによりますと、「友情・生命力・希望」という意味が込められているそうです。他にも「商売繁盛」など財運に関わるパワーがあるそうなので(色がゴールドっぽいから?)とにかく前向き、という印象を与えます。いいですね!

11月生まれの赤ちゃん〜お子さまがいる方、ベビーリングを作ってみませんか。シトリンをセットして、内側に英数字7〜9字程度彫ることができます。
たくさん彫れないのは、リング内径が小さいことと、職人さんの手作業だからです。4柄のバリエーション、4つの素材(シルバー、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド)から選べます。

BabyRing

こちらは2月の誕生石、アメシストをイエローゴールドリングにセット。

大人の女性でしたら、Polaniをどうぞ。こちらも色石をセットできます。
もうすぐクリスマスプレゼントを選ぶ季節になりますので、人とは違うプレゼントで喜んでいただきたい方にオススメです。

Polani

これは3月の誕生石、アクアマリン。

もちろん他の月の誕生石も揃えております。なんだか宣伝一辺倒のブログになってしまい恐縮ですが、シトリンのパワーを取り入れたい方はぜひアイナモールまでどうぞ♪

面白い! 吉田ユニ作品

こんにちは、mimiです。

先日、アートディレクターの吉田ユニさんの作品集『GAS BOOK 30 YUNI YOSHIDA (GASBOOK)』を読みました。
ずっと気になっていた作品集だったので、やっと読む事ができて嬉しかったです。

吉田ユニさんは、言わずとも知れたアートディレクターで、国内外の名だたる企業やブランドのキャンペーンビジュアルや広告、著名アーティストのCDジャケットなど数多くの作品を手掛けています。

読みたいと思っていた彼女の作品集の事を思い出したきっかけは、眼鏡屋さんで彼女が手がけた広告を見た事でした。

Zoff[ゾフ]の広告で思い出しました

彼女の作品は、いつもインパクトが大きく、個性的でオシャレなのですが、どことなく「怖い」と感じるのは私だけでしょうか・・。

人の目をひくデザインを作るための勉強になればと思い、購入しました。
「面白い!」と感じる作品がたくさん詰まっているので、少々お高いですがオススメの一冊です。