迷惑メール対策のキモは「開かない」

こんにちは!u-micoです。

先日サーバ管理会社の障害情報で、迷惑メールによる送受信不具合の案内がありました。該当メールを受信すると、それを削除しない限り送受信ができなくなるというものです。
幸い弊社のお客様は該当メールを受信しておらず、特にトラブルはなかったのですが、知り合いの同業者は被害にあったそうです。

迷惑メールには大きく分けて3種類あります。
1つめは受信に同意していない広告宣伝のメールです。
2つめはフィッシングや架空請求につながる詐欺メール
そして3つめはパソコン内の情報を盗まれたり、遠隔操作されることになりかねないウィルスメールです。

残念ながら、これらを完全にシャットアウトする方法はありません。
サーバ会社やセキュリティサービス会社などが対策を講じても、送信者とのいたちごっことなってしまうからです。

では、受信してしまった迷惑メールの被害を受けないためにはどうしたらいいのでしょうか?一番の対策は「開かない」です。
ほとんどのウィルスメールは、受信しただけでは動きません。
詐欺メールも、中に書いてある内容やURLをクリックしなければ問題ありません。
ですから「開かない」ということが大切なんです。

迷惑メール対策はスマートフォンでも

パソコンだけじゃなく、スマートフォンでも不審なメールは「開かない」が肝心!

しかし、最近では知り合いや大手宅配業者、銀行などを騙ったメールも多く出回るようになってしまいました。
こういった場合は、どうしても開いてしまいたくなるもの。
でも、ちょっと待ってください。
その知り合いから添付ファイルを受け取る予定はありましたか?
その企業とは、メールサービスを受ける契約をしていますか?
ちょっとでも不審に思った場合は、メールを開く前に送信元へ問い合わせることをおすすめします。(もちろん受信したメールへ返信するのではなく、電話やホームページで公表されているメールアドレス宛等に問い合わせます)

さて、コーラルのホスティングサービスではどういう対策を行っているかというと、最新の情報を元にしたウィルスチェックを行い、感染メールを削除しています。
また、スパムチェック機能を使って、件名へ [SPAM] や [MEIWAKU] 等をつけるサービスも行っております。
更にご希望があれば、キーワードやメールアドレスを指定した受信拒否なども無料にて設定(※)しております。
※ ご利用されているホスティングサービスによって対策方法が変わるため、対策希望のお客様は内容をお問い合わせください。

ただし、これでも万全ではありません。
これらと併用してパソコンへのセキュリティソフト導入や、通信機器のセキュリティアップをおすすめしています。
気になる方はパソコンを購入したお店などに、ぜひ相談してみてください。

迷惑メールについてもっと知りたいという方は、下記サイトがおすすめです。
迷惑メール相談センター ホームページ
1分でわかるインターネットとウェブの基本「CORAL Basic」迷惑メールについて

最後に…こんな厄介な迷惑メールですが、たまに「ぷっ」と吹き出してしまったり「???」となる件名のメールなどもありますよね。
そういったメールを集めて、ランキングしているサイトがありました。

SPAMミュージアム

「SPAMミュージアム」シンプルなデザインもGOOD♪

実際にきたメールは、どんなに気になっても読まずに削除していただきたいのですが、このサイトでは被害につながるURLを消してあったりするので、安心して楽しめます。
煮詰まった時に、話のネタを探している時に、暇つぶしに…ちょっと面白いサイトです。

最近のお仕事:地域情報サイト「備前ガイド」

こんにちは!u-micoです。

皆さん「カキオコ」って知っていますか?
コーラルのTwitterをご覧になっている方はご存知でしょうが(笑)
岡山県の日生(ひなせ)という地域のご当地グルメで、カキ(牡蠣)がたっぷり入ったお好み焼きのことです。

うま×うま さんのカキオコ

こんな写真をたくさん選んでいたら、よ、よだれが…

最近、私が担当する仕事の中に地域情報サイト「備前ガイド」が加わりまして。名前の通り、岡山県備前市の観光名所やお店を紹介するサイトなのですが、まだ立ち上げたばかり。とにかく今は情報の充実度を高めるのが大切、という段階です。そこで PickUp記事としてカキオコのページを作成したところなもので、今回はこの話題に。

備前ガイド

食べる・観る・買う・泊まる・遊ぶ のジャンル別にお店を紹介。英語バージョンもあるので海外からのアクセスもきはじめています!

カキが入ったお好み焼きは意外と広く作られているようですが、カキオコがこれらと違うのは、とにかくカキの量が多いこと!お店によって作り方は様々ですが、共通しているのはカキが山盛りなことなんですって。
シーズン中(11月〜3月頃)には他県からカキオコ目当てのお客様が来るそうな。私もぜひ食べに行ってみたい!!!

うま×うま さんのカキオコ作り中

大粒のカキがこんなに!新鮮だから焼いても身が縮まらないそう。

実は、いま代表の宮川がちょうど備前に出張中なのです。
カキオコのシーズンではないけれど、海辺の町・日生でたくさんの美味しいものを食べているんだろうなぁ…(いえいえ、仕事ですけどね)
Instagramに色々載せてくださいねとリクエストしてあるので、CORALのホームページでも見られるかもしれません。(トップページ下の方「Recent Photo」が Instagramと連動しています)

備前市はカキオコ以外にも、瀬戸内海の豊かな海産物やマスカット、いちぢくといった名産品、地名を冠した特産物「備前焼」、日本初の庶民のための学校となった特別史跡「旧閑谷学校」など、様々な魅力のつまった地域です。
もしご旅行される方がいらしたら、ぜひ備前ガイドも参考になさってみてくださいね。

ポケモンGO 始めてみました。

こんにちは!u-micoです。

とうとう日本にも上陸しましたね。ポケモンGO。
海外では真のポケモンマスターになるため、職を辞した人々もいるとか。
さらにケガ人やら逮捕者、死者までも…始まって1ヶ月もたたない内に、これだけの広がりと影響を見せたサービスって、他にちょっと思いつきません。

それだけポケットモンスターという世界観が、AR(Augmented Reality) = 拡張現実という手法にとてもマッチしていたんでしょうね。

PokemonGO HP

ポケモンGOの公式サイト。やはり事故などが多発しているためか、大きく「正しい遊び方」が掲載されていました。

「拡張現実」と言われるとピンとこない方も多いと思いますが、実はSF映画やアニメなどではARに近い描写がたくさんあります。
サングラスをかけると風景の中に色んな言葉が浮かんできたり、かざすだけで相手の強さやスペックが分かったり、乗り物のフロントグラスに速度が表示されていたり…
そう、現実の風景にコンピューターからの信号を載せて、より情報を広げる(拡張する)という技術がARなんです。

近未来Image

未来ではメガネをかければ色んな情報にアクセスできる?

このAR、2009年頃から一般向けのサービスに使われはじめ、2014年には日本経済新聞の正月特集に取り上げられたり、ARを取り入れた本が発売されるなど、少しずつ広がってきました。
しかし「ARって面白いよね」なんて会話を小耳にはさむには至らず。
ポケモンGOによって「ARがどんなものか」を知った人が多いのではないでしょうか。

実は私、ポケットモンスターはほとんど知らないんですが(ピカチュウぐらい 笑)始めてみました。ポケモンGO。
原作を知らなくても十分楽しめますね。
やはり鍵はAR。
現実の風景にポケモンがいて さらにそれを捕獲する、ということが面白い。
しかも撮影できちゃうし。
ただ、通勤中は立ち止まる余裕がないため、もっぱら自宅と会社の昼休憩でのみ起動。従って、まったく進んでいません(笑)

PokemonGO コクーン

社長!会社にこんなのが居たので退治しときました。

ポケモンGOでは早くも複数のビジネスモデルが噂されていますが、今後はこのゲームだけでなく、たくさんのARを使ったサービスが出てくるのではないでしょうか。
ただ、拡張された風景を事故や事件の種にしないためにも、ユーザー側のマナー意識を育てることも重要だなと感じました。

パシャリ☆で360度撮影「THETA(シータ)」

こんにちは!u-micoです。

最近、宮川が面白いものを購入しました。
RICOHのTHETA S(シータ)というカメラ。
何が面白いかというと、1シャッターで360度を撮影できるのです!

RICOH THETA

一見レコーダーのようなフォルム

この写真はカメラの表側。
ボディに比べて大きなレンズですよね。ボコっと膨らんでいます。
そして裏側にも同じようなレンズが付いています。
つまり一度に180度ずつ撮って、1枚につなげているんです。

撮った写真はこんな感じ。

THETAで撮影

ミーティングルームでMenehuneさん達を撮影♪

レンズが魚眼なので、独特の歪みが出ています。
これはこれで面白いですが、パノラマ撮影の方が実用的じゃん!と思う方もいらっしゃるでしょう。

いえいえ、この写真は360度表示に対応したビューアで本領を発揮するんです。
THETAの専用サイトもありますが、今回はパノラマ工房「360player」という無料サービスを使ってみました。

こんな風に動画撮影したかのような見せ方ができるんです。
しかも横方向だけでなく上下もちゃんと写ってます。(ドラッグしてみてください)
実際にその部屋にいるかのような…臨場感ありますよね。

ちなみに、元は前出のように1枚の写真ですから、ボカしたり色調整をしたりと色々な加工ができます。
試しにいたずら書きを加えてみたところ、こんなな仕上がりになりました。

何だかゲーム画面っぽくなったと感じるのは私だけかしら?f^_^;)
それはさておき、こんな手軽に動画風写真が撮れると、色んなところで使えますよね。

十年近く前、とあるスタジオのホームページを作成しましたが、その時はパノラマ撮影さえなく、十数枚の写真を合成して施設の紹介をしたものです。
それが1ショットで済み、更に動画風の見せ方ができるようになるとは!
思いもよらない進化です。

写真だけでなく動画撮影もできるようなので、色々なことを試してみたいなと思います。自社のサイトに組み込んでみたいよー!という方、ぜひお問い合わせくださいませ。

復帰いたしました。

ご無沙汰しております!u-micoです。
長期休暇より復帰いたしました。

休んでいる間に会社は引越しをし、新しいスタッフも増え、「戻っても大丈夫なんだろうか」とドキドキしながらの復帰でしたが、温かく迎えてもらえホッとしています。

さて、ワタクシ休暇から復帰するにあたり、新しい習慣を取り入れてみました。
それは朝の「ラジオ体操」です。
ラジオと言ってもラジオで聞くわけではなく、Eテレの「テレビ体操」を見るんです。

Eテレのテレビ・ラジオ体操HP

イメージキャラクターはラタ坊というらしいです。イメージキャラクターがいたんですね。

ン十年振りのラジオ体操は、意外と体が覚えていました!
しかし初めの頃は体が固くなっていて ぎこちなく…
最近、やっとスムーズに動けるようになりました。

朝から体を動かすと、やはり一日の疲れ方が違うようです。
肩こりとかもしにくくなってきた感じ。
これがヨガとかならもっとカッコいいんでしょうけどね〜(笑)
私にとっては子供の頃に慣れ親しんだラジオ体操の方が、手軽で達成感もある運動だと思っています。
朝のラジオ体操、おすすめです。

昔からある技術を使って新しいサービスを生み出す。

こんにちは!u-micoです。

皆さん「ミルトーク」ってご存知ですか?
日本最大級のネットリサーチ会社のマクロミルが今年2月に公開したサイトで、マーケティングをもっと身近に、もっと簡単に行えるユーザートークサービスなんです。

普通のアンケートサイトと違うのは、フォーム等の設問ページではなく掲示板を使っていること。企業からの質問(お題)に対して、会員(モニタ)が自分の意見や経験を投稿しています。
かなりシンプルな構造ながら、「掲示板」という媒体を使うことで手軽に生の声が拾えるようです。

また、会員が感じていることや思いついたことを投稿している「きょうのひとこと」も、たくさんのアイデアの芽があって面白いです。

と、これらは無料で利用できる機能。
企業がもっと積極的にミルトークを活用したい場合は、有料でグループチャットをしたり、掲示板の投稿数制限(100件まで)を無制限にする等もできるようです。

とにかく気軽に質問を投げかけて、短時間で結果を収集できるのがこのサービス。

スッキリしたデザインと、読みやすいフォントサイズも使いやすさのポイントです。

スッキリしたデザインと、読みやすいフォントサイズも使いやすさのポイントです。

私がこのサイトを面白いなぁと思ったのは、昔ながらの技術である「掲示板」を使っていること。管理方法やルール付けをすることで新しいサービスに繋げるというのは、TwitterやLINEも同じですよね。

IT業界は移り変わりが激しいというけれど、技術的には新しいものがどんどん生み出されているというより、リバイバル的なものが多いと感じています。
見せ方、使い方を変えているだけ。

だからこそ発想力を磨いていくことが大切だなと痛感しています。
そのためにも、色々なものに触れて刺激を受けていきたいです。
よーし、遊ぶぞー!(って、そっちかい!笑)

LINEスタンプを制作しました。

こんにちは!u-micoです。
昨年から着手して、最近やっとリリースできたお仕事がありました。
それはLINEスタンプの制作です。

今や国内で5,800万人以上の登録者数をほこる人気SNSのLINE。
その代表的な機能「トーク(テキストチャット)」で使われるイラストがスタンプです。

昨年、株式会社スタームービング様からオリジナルキャラクター「スターマン」のスタンプを作りたい!とご相談いただいてから数ヶ月。
晴れてリリースを迎えることができて嬉しいです!!

Starman

引越し会社のキャラクターらしく、マッチョで爽やかな「スターマン」

何に時間がかかったかというと、イラストのタッチを決めることとスタンプの登録です。
キャラクター自体は決まっていても、40種類ものバリエーションをもつスタンプでは色々な表情が要求されるため、タッチの入念な確認が必要でした。

タッチが決まったら全ポーズを作成し、着色、スタンプ用に加工、等を経てデータが完成。そこから自作スタンプを登録できる「LINEクリエイターズマーケット」へスタンプの申請を行います。これは無料で登録が可能!
とはいえ、無料だからこそ多くの申請が行われており、審査が追いつかない状況のようです。ちなみに、今回のケースでは3ヶ月ちょっとかかりました。

5月になってやっと承認されお客様へご連絡すると、とても喜んでいただけました!
予想より時間がかかったにも関わらず、お待ちくださったスタームービング様にはとても感謝しております。

LINEトーク画面

私も早速プライベート用に購入!使っています♪

今回のようなキャラクター関連のお仕事は、ホームページ制作とはまた違うイメージの具現なので難しいと同時にとても楽しく、やりがいがありました!この経験を活かして、更に色々なことに挑戦していきたいです。

今月リリースされたスターマンのスタンプはこちら
https://store.line.me/stickershop/product/1117100/ja

仕事中に愛用している和アイテム「かんざし」。

こんにちは!u-micoです。
今回は私のお気に入りであり、手放せないアイテムをご紹介します。

学生時代からほぼずっとロングヘアな私。
仕事中はまとめ髪にしていることが多いのですが、そんな時に使っているのが「かんざし」なんです。

かんざし

私が持っているのは一本簪とよばれるタイプ。飾りを取り替えて使うものもあります。

以前、取材でかんざし屋さんに出会ってから愛用しています。
クルクルッとおだんごを作ったら、そこに縫うようにしてかんざしを挿すだけ。
手軽にパッとまとめられるので、かなり便利です。
(本来は別の挿し方があるんですが、髪が長すぎてまとまらないので、私はもっぱらこの使い方)

かんざし使用例

一番カンタンにまとめるときは、こんな感じ。

一本の棒だけで留めてあるの!?
と、よくビックリされますが、留まるんです。
プラスチック製などの柔らかい素材だとヘアピンが必要ですが、しっかりした素材のものだと大丈夫です。

かんざし袋

私が購入したときは、こんな可愛い袋もついてました♪

かんざしは江戸時代に発展しましたが、その起源はというと縄文時代まで遡るそう。
実はかなり歴史の古い道具なんですね。
明治時代に入り洋装が主流になってくるにつれ、かんざしも日本髪と共に一般的ではなくなってしまいましたが、最近はファッションとして、また、その機能性を見直されて復活してきているそうです。
嬉しい限り!

お値段も手頃なものが増えてきましたし、和洋を問わないデザインのものもたくさんあります。暖かくなりアップスタイルが増えてくるこれからの季節にオススメですよー!

SEO基準に新要素が!レスポンシブデザインのススメ。

こんにちは!u-micoです。
今回はSEO対策に関するお話。

気づいていらっしゃる方も多いと思いますが、昨年末よりスマートフォンでGoogleの検索を使うと、「スマホ対応」という表示が出るようになりました。
これは「モバイルフレンドリー」という基準を取り入れたことによるもの。
画面の小さなモバイル環境でも、そのホームページが快適に使えるようになっている場合に表示されます。

スマホgoogle検索結果

スマホで検索すると、こんな風に「スマホ対応」と出ます

そして来る4月21日にGoogleのSEO基準が大きく変わると言われているのですが、それはランキングを決める判断要素にも「モバイルフレンドリー」が反映されることなんだそう。
今まではパソコンでもスマートフォンでも検索結果の基準はほとんど同じでしたが、4月21日以降は変わります。
スマートフォンでの検索結果は「スマホ対応」表示のあるものが、上位に来やすくなるようです。(今回の変更ではタブレット端末は対象外のようですが、いずれ同様の基準が適用されるとのこと)

Googleは2011年からスマートフォンやタブレット端末の普及に対応するよう提唱し続けていたので、とうとう来たか!という感じです。

CORALでは数年前からモバイル対策として「レスポンシブデザイン」をおすすめしています。
これはパソコン用・スマホ用・タブレット用…と別々のホームページを用意するのではなく、1つのホームページを用意するだけで各環境に合わせて適切なサイズに自動変換されるというもの。
1つで済むのでコストも1つ分で済みますし、更新の際に「あ!タブレット版だけ古い情報だった!!」なんてこともありません。もちろん複数のサイトを制作するより作業時間も短くて済む。
新規やリニューアルのお客様には、ほぼ必ずこのレスポンシブデザインで制作させていただいています。

さて、そんなふうに今後重要となってくるモバイル対策。
自社サイトは問題ないんだろうか?と心配な方は、ぜひ「モバイルフレンドリーテスト」という診断を行ってみてください。
URLを入力するだけでスマホ対応かどうか、簡単に分かります。

モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

モバイルフレンドリーテスト1

まずは診断したいページのURL(ホームページアドレス)を入力して「分析」

モバイルフレンドリーテスト2

診断には数秒(ページの情報量にもよる)かかります

モバイルフレンドリーテスト3

診断結果。もちろん弊社はモバイルフレンドリー!

残念ながら「モバイルフレンドリーではありません」という結果になってしまった場合は、早急に対策することをおすすめします。

ちなみに、このモバイルフレンドリーに関しては、サイト単位で判断するのではなくページ単位で判断されるとのこと。
そこで応急処置として、とりあえずトップページのみスマホ対応にしておく、という方法もあります。ただしあくまでも応急処置ですので、遅くとも年内には全ページをリニューアルした方が良いです。

スマートフォンの爆発的な普及で、よりインターネットが身近になりました。
その大きな市場を逃す手はありません!
まだ対策をされていない場合は、レスポンシブデザインでのリニューアルを検討してみてください。ご相談にも乗りますよー!!

ウェブデザイナーという職人の道具。

こんにちは!u-micoです。

タブレットやスマホがメジャーになり、パソコンにも画面タッチで操作できるものが出てきましたが、やはり仕事の場はマウスとキーボードが主流ですよね。

現在、私が使っているのはMagic Mouse(マジックマウス)というワイヤレスタイプのマウス。
「世界初、マルチタッチ対応」とのキャッチコピーがあるように、マウスの上面どこでも上下左右斜めのスクロール操作ができるし、スワイプだって出来てしまう。
つまり、より直感的な操作に優れているマウスなんです。

マジックマウス

これが今使っているMagic Mouse(マジックマウス)。つるんとしたフォルムで、知らなければマウスだと気づかなそう (^.^;)

それに、以前使っていたMighty Mouse(マイティマウス)だと、どうしてもスクロールボールが汚れて動きが悪くなっていたけれど、ツルッとした表面で汚れが入る隙もナシ。
充電も別売りのベースステーションに乗せておけばOKなので、とっても楽です。

マイティマウス

以前使っていたMighetyMouse(マイティマウス)。このグレーのポッチ周りから汚れが入ってしまう…両面テープを使って掃除していました

と、ここまでは良い部分ばかりをご紹介しましたが、ただ1つ、どうしても困るトラブルが…。
それはワイヤレスならではの悩み。
頻繁に「マウスの接続が切れました」という表示と共に、反応しなくなるんです。

机が近い同僚も同じマウスを使っていたので、それが干渉しあっているのかな?という話もでましたが、どうやら違うよう。
電池の接触かも!と思い、裏蓋を開けて掃除してみましたが、それでもダメ。
(ネットで調べると、これで直ったケースもあるみたいですが)
Appleサポートコミュニティという、Appleユーザー達の情報交換サイトに書かれていることを参考にしてみても直らない。

Appleサポートコミュニティ。色々な質問があって、参考になります。

Appleサポートコミュニティ。色々な質問があって、大抵の場合は参考になっています。

これはもう、ガマンするしかないのかなぁ…と思いつつ、最後に試してみたことが「充電しないこと」でした。
というのは、長時間席を外すときや帰宅時には必ず充電していたんですが、その割には電池残量の表示が増えなかったりして、不審に思っていたんです。
思い切って週末に充電器へつながないまま帰宅し、週明けに使ってみたら、なんて快適!まったく切れなくなっていました。

改善されてからまだ日は浅いですが、以前の途切れ方が嘘のように直っているので、やはり私のケースは充電のし過ぎが原因だったようです。

ちなみに、社長も同じマウスを使っていますが、こちらはトラブルなく動いているよう。
同じ機器でも作られた時期などによって微妙な違いがあるので、それを個性としてとらえ、使いやすく研究するのも大切だなと思いました。