コーラルのデビルマン

こんにちは、イノウエです。

コーラルに長年いるデビルマンをご紹介します。

朝日を浴びて颯爽と立つデビルマン

朝日を浴びて颯爽と立つデビルマン

彼は私が入社する前から在籍(?)していて、もしかしたら宮川の次に社歴が長いかもしれません。

コーラル恒例の朝の掃除の時、彼が汚れていることに気づきました。色や感触から、長年の間に降り積もった積年の埃か・・まぁそれはさておき、彼をきれいにしてあげることにしました。

お風呂に入れる(=洗剤を使って水で丸洗いする)のもアリかなと思ったのですが、社内に常備してある綿棒(デビルマン掃除用ではなく、どちらかといえばハワイアンジュエリーのお手入れ用)で、汚れを丹念に取り除いていきます。

その最中には申し訳ないことに羽がもげてしまったのですが(しかも何度も)、再度はめ込めばOKというとても簡便な作りになっていました。うらやましい。

デビルマンを手に取って磨きながら、初めて気づきました。
すごくかっこいい体なのです。
惚れ惚れします。

後日、デビルマンの体型は宮川にとっても理想的らしいということがわかりました。
だから長年彼の傍にいるんですね、納得。

宮川を励まし続けるデビルマン、次回当番の際にまた楽しく磨きます♪

検索と置換について

こんにちは、tsutomuです。

自分がよく使うテキストエディターに「検索と置換」という機能がついています。
検索したテキストを別の文字に置き換えることができる機能です。
たくさんの同じ文字列を別の言葉に置き換えたいときに便利です。
短時間で正確に行えます。

この機能は以前から知っていて、よく使っていたのですが最近「正規表現」というのを知りました。
これが便利でびっくりしました。

びっくりのイメージ

「正規表現」とは「いくつかの文字列を一つの形式で表現するための表現方法」です。
文字列を記号などに置き換えることによって検索することができます。

ピリオドは任意の1文字を示します。
「私は.が好きです。」で検索すると、

正規表現検索 画像

1番目と2番目のテキストが検索されました。
3番目と4番目のテキストは「ネコ」「ねずみ」の文字数が1文字以上となるため対象外となります。
また5番目のテキストは「嫌い」と書かれているため対象外となります。

今度はピリオドを2つ。
「私は..が好きです。」で検索すると、

正規表現検索 画像

「私はネコが好きです。」のみが検索されました。
このような形で正規表現を使うことで沢山の文字列の中から検索することができます。

更に、「私は(.*?)が好きです。」で検索すると、

正規表現検索 画像

「私は鳥が嫌いです。」以外を選択することも可能です。

また正規表現を使って検索した文字列を置換することもできます。
「私は$1が嫌いです。」と記入し「すべて置換」を押すと、すべてのテキストを「嫌い」と書き換えることも可能です。

正規表現検索と置換 画像

日付を「2017/10/10」から「2017年10月10日」に書き換えたり単位や住所、電話番号など大量の文字列を書き換えることが可能です。

他にも沢山の利用方法や正規表現の記述があり、すごく奥が深いみたいで私もまだ勉強中です。

使っているテキストエディターによっては正規表現が使えなかったり、書き方が多少違うみたいです。
途中、置換する際の記述方法については説明を省かせていただきましたが
興味のある方は「検索、置換、正規表現」などで調べて試してみてください。

ダニエルホーの新作がもうすぐ到着します♪

こんにちは。akiです。

さて、ダニエルホー日本語版サイトにもお知らせが出ていますが、ダニエルホーが来週末来日します♪ 詳しくはこちら。【スペシャルライブ&ウクレレ試奏会】ですよ!

精力的に活動中のダニエルホーですが、またまたNew Albumを発売しました。
しかしこちら、日本未発売なのでただいま取り寄せ中……。到着次第AinaMallで販売します!

それまで、こちらをご覧ください↓
The Grasslands ensemble & Daniel Ho – Between the Sky & Prairie

今回は台湾のプロデューサーとともに、モンゴルのアーティストとコラボ。
大草原の中で生まれた壮大な音楽を体感したい方は、楽しみにお待ちくださいませ。

行ってみたい!草間彌生美術館。

こんにちは、mimiです。
先日、草間彌生美術館が2017年10月1日にOPENしていた事を知りました。

草間彌生美術館

草間彌生美術館※リンク先のドメイン変更・サイト構成変更などによりリンク切れとなる場合があります。ご了承ください。

草間彌生さんといえば、「世界で最も人気のあるアーティスト」(2014年、英『アート・ニュースペーパー』紙)や「世界でもっとも影響力のある100人」(2016年、米『TIME』誌)に選出、2016年の文化勲章も受章するなど、世界的なアーティストとして知られています。

そして彼女の作品といえば「水玉」模様をモチーフにした作品が真っ先に思い浮かびます。
単に「水玉」というと、なんだか可愛らしいイメージが強いですが、
彼女が描く「水玉」模様は「可愛らしい」とは全く別の印象を受けます。

彼女の「水玉」模様へのこだわりとは何なのか。
草間彌生美術館で知る事が出来るかもしれません。

いつか足を運んで勉強したいと思います!