護身術にオススメ! 「少林寺拳法」

こんにちは、mimiです。

先日、都内の某大学が開催している「スポーツフェスティバル」に誘われて行ってまいりました。
運動が苦手でスポーツとは無縁の私ですが、スポーツする人には憧れを持っているので、ユニフォームを着て行き交う学生たちを羨望の眼差しで見ていました。

この「スポーツフェスティバル」は毎年恒例のイベントだそうで様々なスポーツを体験できるのですが、中でも印象に残ったのが「少林寺拳法」でした。

少林寺拳法のイメージ画像

道衣を着ている姿は男女ともに皆カッコイイ!

少林寺拳法(しょうりんじけんぽう)とは
宗道臣が日本で創始した武道であり、中国武術そのものではない。武術の体系であると同時に「人づくりの行」であり、「護身練胆」「精神修養」「健康増進」の三徳を兼ね備える「身心一如」の修行法をとり、「技」と「教え」と「教育システム」を3本の柱としている。技の特徴は、護身を旨とする拳法。教えの中心思想は「自己確立」と「自他共楽」。教育システムとしては、数百ページにわたる教範、入門から高段にいたるまでの修行計画が記された科目表で文書化標準化が図られ、また特に指導者育成機関として禅林学園(専門学校)を有している。–フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

学生たちは皆爽やかで、道衣を着て技を繰り出す姿はなんともカッコイイものでした。
部員数は男性と女性が半々だそうで、向かってくる相手の力を利用して技をかけることができるため、女性の護身術としてもオススメだそうです。

私もいくつか技を教えていただき、「これは護身術に最適だ!」と実感しました。
また、構えているときに姿勢が崩れたり、突き蹴りの後に身体がふらふらしたりしない様に心がけるため、自然と姿勢が良くなってバランス感覚も向上しそうです。

久しぶりに体を動かして日頃の運動不足が解消されて心地よかったので、私もいつか本格的に習ってみたいと思いました!
皆様も、機会があれば是非体験してみてくださいませ♪