酉年の年頭に12年前を振り返りつつ今年について思うことなど

こんにちは、イノウエです。
今年のコーラルブログもどうぞよろしくお願いいたします。

2017年酉年のイメージ

年明けに届いた年賀状の中に、焼き鳥屋さんを思い起こさせるデザインのものがいくつかありました。いずれもハガキ作成ソフトや素材集・テンプレート集などのものだろうと思いますが、効果抜群(?)で年始早々に焼き鳥を食べたくなったのでした。

12年前はどうだったかな、とふと思って12年前の年賀状を引っ張り出してみると、最近の年賀状からはすっかり姿を消した、手作り感満載の年賀状が意外なくらいたくさんありました。

色やモチーフの様々なスタンプが押してあったり。
きれいな紙が手作業で貼り付けてあったり。
なんと懐かしの芋版、消しゴムはんこまで。

情報化や自動化、機械化の影響で、いかにも作ってあったものを印刷しました感のある年賀状が最近多くなったのだろうと思います(ここまで「〇〇化」って書くと社会学の本みたいだ)。最近いただく年賀状にはデザインの秀逸なものもたくさんあるので触発されはしますが、プロが作ったと思われるものが多い印象。差出人のセンスや趣向が色濃く出て楽しい手作り年賀状が12年前はこんなにあったのかと、ちょっと昔が懐かしくなりました。年のせいでしょうか。

もはや恐竜にしか見えないのです。

もはや恐竜にしか見えないのです。

新聞やテレビでしばしば「申酉騒ぐ」と見聞きします。
株式相場の格言で、申年と酉年には株価が激しく上下する、ということを言うのだそうですが、酉年の2017年はさてどうなりますことやら。

猿や鶏が騒いでも「やや賑やか」くらいで済んだらいいなぁと思いますが、国際情勢をはじめ世の動きというか様々な秩序の変動がますます激しくなりそうで、怖いような楽しみなような・・それはともかく年頭にあたり皆様のご多幸とご健勝を祈念申し上げます。

参考:野村證券 | 申酉騒ぐ(証券用語解説集)

今年の私「創意工夫」

こんにちは。akiです。

年末特別連載企画・CORAL今年の自分を表す四字熟語2016【今年の私「●●●●」】第4弾はわたくしakiです。昨年末のブログも大トリを務めましたが、単なる偶然です。毎年微妙なプレッシャーがのしかかるのはなぜでしょう。

rainbow

本題とは関係ありませんが、先日、荒れ模様の天気の合間に一瞬虹が。なんだかラッキーな気分でした。

さて、今年の自分をあらわす四字熟語は「創意工夫」です。「創意工夫を追い求めた2016年だった」と言えます。
意味は「考えをめぐらせて、新しい方法や手段を見つけ出すこと。また、その方法や手段」(デジタル大辞泉)ですが、達成できたかと言われるとまだまだです。むしろ自分に甘かったと反省しきりです。四字熟語にしてはとても単純なたぐいではありますが、奥が深い言葉なのだと改めて感じさせられました。

仕事の段取り、内容、フィードバック、そして新しいサービス創出……。コーラルはデザイン会社ですので、創意工夫なくしては仕事になりません。来年も目の前の業務にコツコツ取り組みつつも、皆さまがあっと驚くようなサービスやアイデアを考え、カタチにしていけるよう、引き続き精進していきたいと思います。

そこで、2017年の私は「創意工夫」のほかにどんな目標をおけばいいのか、参考になるかも……と思い「2017年のあなたを四字熟語で診断」というサイトに「aki」と入れて診断してもらいました。結果はこちら↓
blog20161228-2魑魅魍魎(ちみもうりょう)ー山や水に住むいろいろな種類の化け物。うーん……。やっぱり自分でじっくり考えます! いや、これこそ自分で考えるべきことでした!

今年もコーラルをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。2017年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
そして最後に年末年始におけるAinaMallの営業についてのお知らせです。

誠に勝手ながら、AinaMall2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)の間、休業させていただきます。年内の受付は12月27日(火)15:00までとさせていただきます。それ以降の発送及びお問い合わせへの回答は 1月5日(木) からの開始となりますので、ご了承ください。
なお、お買い物は上記期間に関係なくお楽しみいただけます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

今年の私「積土成山」

こんにちは、mimiです。
年末特別連載企画・CORAL今年の自分を表す四字熟語2016【今年の私「●●●●」】第3弾は私 mimi です。

一年を振り返り、今年の自分を表す四字熟語として「積土成山(せきどせいざん)」を選びました。

「積土成山」とは、わずかな土でもそれを積み上げていけばやがて山になる、という意味の四字熟語で、「塵も積もれば山となる」ということわざと類義語とされている言葉です。小さな努力でも、それを積み重ねていけばやがて大きな成果になるという例えで使われています。

「塵も積もれば山となる」よりも「積土成山」の方が美しい印象です

「塵も積もれば山となる」よりも「積土成山」の方が美しい印象ではありませんか?

なぜこの言葉を選んだかというと、少しでも努力する事が後々の結果に結びつくのだと実感する事があったからです。

コーラルでは毎朝10分程度の社内のお掃除タイムがあり、月毎に回ってくる各自の担当エリアを掃除します。空気清浄機のフィルターはもちろん、家電の裏側、カーテンレールの隅々まで丹念に掃除するのです。毎日、ほんの10分程度の細やかな掃除のおかげで年末の大掃除が必要無いほどに、常にキレイなオフィスなのです♪

社内の人間が言うのもナンですが、こんなに掃除の行き届いたオフィスはなかなかないのではと思います。

この事を「積土成山」というと、わずかな土が積み上げて山になる…という表現が清潔なフロアとちょっとイメージが違いますが、日々の努力が結果に結びつくという事では同じです。

また仕事上の出来事に関しても、少しずつでも知識を増やしたりアイデアを蓄積する事で、作業効率が良くなったり、Webサイトの改善に繫がったりという事があり、努力をし続ける事の大切さを実感しました。
これからも毎日の積み重ねを大事にして、後々の成果に結びつけられる様にしたいと思います!

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
来年もどうぞよろしくお願いいたします♪

今年の私「整理整頓」

こんにちは!u-micoです。
先週から始まった年末特別連載企画・CORAL今年の自分を表す四字熟語2016【今年の私「●●●●」】第2弾は私 u-mico です。

今年は1年近い長期休暇から復帰したということもあり、初心に返って業務に取り組むことができました。
継続するということは大切ですが、一旦離れるということも必要ですね。

復帰してから特に気になったのが業務の「効率」です。
もちろん休暇前も効率よく進めることを念頭に業務に取り組んでいましたが、復帰後は久しぶりの実務ということで1つ1つの案件について しっかり確認を取りつつ進めていき、それによって進行の問題点に気づくことができたのです。
これをクリアすることで、休暇前より効率よく複数の案件をこなすことができるようになりました。

整理整頓

いやいや、こんなグチャグチャな環境で仕事していたわけじゃありませんよ(笑)でも、これじゃ効率は望めないというもの。

また、社内環境も同様でした。
休暇中に引越しをしていたため、どこに何があるかを確認すると共に不要なものもチェックし、整理。まとめた方が使いやすいもの、別々にしておいた方が良いものを改めて見直して、整頓。
これは物理的なものだけでなく、システム的な部分でも意識をしました。

このシステム的なことについては、ランチミーティングの場を活用して意見交換や確認をすることができました。
つくづく毎週のランチミーティングは貴重だなぁと実感。
そして、その場で新しく顧客管理システム(データベース)を作成することが決まりました!今までのものより情報が取り出しやすくなると思うので、更に業務の効率化に役立つのではと期待しています。

整理整頓の「整理」は、断捨離のように「捨てる」ということも含めた「整える」という意味。「整頓」は秩序をもって配置する「整える」という意味。
整理も整頓も揃って、初めて「効率」が叶う気がします。

今年は復帰した年であると共に、今までの仕事のスタイルや考え方を確認・変更した年でもありました。
効率ばかり求めると柔軟性がなくなるとか、無駄の中にこそ新しいアイディアが潜んでいるとか、そういうこともあります。
ですから、過度な整理整頓も良くはないでしょう。
何事もほどほどに、ですよね。

来年は新しいものへ目を向けて、更にパワフルに動いていけると良いなぁと思っています。皆さまはいかがでしょうか?
どなた様も、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!

今年の私「原点回帰」および「実事求是」

こんにちは、イノウエです。
早いものでもう12月、2016年が終わろうとしています。
今週から、毎年恒例の(というわけでもないのですが)年末特別連載企画・CORAL今年の自分を表す四字熟語2016【今年の私「●●●●」】をお送りします。コーラルスタッフがこの一年を振り返り、今年の自分を四字熟語で表現してみようというこの企画、スタッフそれぞれの一年についてご覧くださいませ。

第一弾は私イノウエです。
今年、私は「原点回帰」しました。

*「原点回帰」とは(コトバンクのページが開きます)

今年の私「原点回帰」および「実事休是」のイメージ画像、古い地図の写真

何かにつけて「昔どうだったか」を知るのが昔から好きで、何かが起こった時や気になった時などに「これはいつ何がどうなってこうなったのか?」と経緯を遡って考えるのが習慣になっています。

例えば、宮川にちょっと面白い癖があれば、子供の頃のことなど聞きながら「ああ、それでこうなるのか」と納得したり。近所の昔お墓だったとされる場所で工事中に事故が多発したと聞けば古い史料を調べてみたり。

そんな性格だからか?大学では歴史学を修めました。歴史は私にとって人生の根幹であり未来への指針でもあり。原点だと思っています。

さて、コーラルではウェブの関連業務を幅広く請け負っています。
現代のような高度な情報社会において、最前線にいると言ったら過言かもしれませんが、近いものがあると自負しています。

それにしても、なぜこのように情報化が進んだのか。
1940年代に電子式計算機が生まれてから100年も経っていないのに、この変わりようは一体どうしたことだ(1940年代の記憶は私にはないですが)。
また、情報化は何にどのように影響を及ぼして現代社会のような様相を呈するようになったのか。

今年はこの点で原点回帰しました。

今年の私「原点回帰」および「実事休是」のイメージ画像、図書館の写真

情報学の入門書一冊、で済めばよかったのですが、この類のものを読み始めたら広がりが止まりません。情報化の影響はとても広く、

  • 倫理
  • 正義
  • グローバリズム
  • 新自由主義
  • 諸種依存症
  • アラブの春、ISIS
  • ポピュリズム

といったテーマのものまで読むことに・・気づけば積み上げた高さ50cmくらいの本の山が3つばかりできていました。

一見関係なさそうなテーマのようですが、社会の問題や現象というのは相互に関連しているもので、ある著名な社会学者が2001年に書いたグローバリゼーションの未来についての本を読んで初めて、ゲーム依存、ネット依存、スマホ依存について合点がいきました。

また、情報化の結果としてのグローバリズムについて書かれた本を読んだら、イギリスのEU離脱、アメリカ大統領選におけるトランプ氏の躍進についてわかったような気になれたり。

企業のウェブが絡む諸種不祥事や炎上については、技術者倫理や情報倫理、企業倫理といった倫理の分野の本を読んでみたら、曇っていた視界が一気に開けていきそうな気配を感じました。実際には開けていないのが残念なところですが・・でも一応「実事求是」ということで。

*「実事求是」とは(コトバンクのページが開きます)

この情報化社会において、コーラルを含むIT & ICT企業、他の企業や団体組織、そして個人はどうあるべきか。
またどうあることができるのか。
毎日脳トレ?でワクワクの一年でした。
皆様にとってはどんな一年だったでしょうか。

ではちょっと早いですが、良いお年をお迎えくださいませ。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

迷惑メールじゃない風のメール!?

こんにちは。akiです。

仕事柄毎日いろいろなメールを送受信していますが、受信トレイの中に
「このメールは特定電子メール法第3条第1項第4号にもとづいて配信しています」
というような一文が入ったメールを見つけました。

「ああ、なんだかよく分からないけどちゃんとしたところからのメールなんだな」
という印象をうける方も多いかもしれません。

特定電子メール法。ほう。

CORALBasicの記事にもあるように

迷惑メールを通報して大人の対応

「特定電子メール法」に違反しているメールの代表的なものは
・依頼した覚えのない広告宣伝メール
・送信者の情報がない広告宣伝メール
・偽アドレスを使用した広告宣伝メール
です。
これらは「オプトイン規制」というものに沿っていますが、実は例外があります。

HPで公表している団体又は営業を営む個人のメールアドレスについては、原則としてこの「オプトイン規制」の例外とされています。(特定電子メール法第3条第1項第4号)
つまり、“お問い合わせ先”や“連絡先”など、公表されているメールアドレス宛の送信であれば、たとえ広告宣伝メールであったとしても法律違反にはならないのです。迷惑メール相談センターWebサイトより引用

「特定電子メール法第3条第1項第4号にのっとって配信している」
ということは、
「公表されているメールアドレス宛に送っているんだから、法律違反していませんよ。(=迷惑メールじゃありませんよ)」
といいたかったのでしょうね。しかし、この一文を否定できる方法も用意されています。

アドレスと併せて「送信を拒否する」旨の表示があれば特定電子メールに該当します。
(略)万一広告宣伝メールを受信しても、表示があれば法律違反として特定電子メールに該当します。

コーラルを例にあげると、
blog20161202

こんな感じです。合成してみました。
ちょっと手間はかかりますし、これを入れたからといって迷惑メールが減るとは限りません。しかし「断固として迷惑な広告宣伝メールはお断りします」という意思表示、そして「特定電子メール法」の概略は理解しているという無言のアピールにはつながります。
理由はなんであれ、「いらないメールはやっぱりいらない」というのが本音ですね。

あ、CORALBasicには他にもたくさんのWeb関連記事が載っています。やさしい文章なので読みやすいですよ。ぜひ他の記事もごらんください。

「売れるデザイン」とは?

こんにちは、mimiです。

今回は、
『売れるデザインの新鉄則30』という本をご紹介したいと思います。

日経デザインブランド向上委員会 (編集)『売れるデザインの新鉄則30』

日経デザインブランド向上委員会 (編集)『売れるデザインの新鉄則30』

この本は、ビジネスや経営にデザインを活用するための総合情報誌『日経デザイン』に連載されていたものを再編集した本で、「色の鉄則」「文字の鉄則」「年齢・性別で攻めるデザインの鉄則」等、狙っているターゲット層に響くパッケージデザインの作り方を解説したものです。

売れるパッケージを作るためにはどの様なものの見方をすればよいのか、どのような判断基準を持つべきか…。数多くのアンケート結果を基に立てた30の鉄則を紹介しています。鉄則とは例えば、「甘さを伝える色、“白”に勝るものなし」「つゆダク感にヒットの秘訣あり」「中年男性の心はブランドロゴで掴め」等です。

商品パッケージに関わる仕事に携わっている人には当たり前の事が書かれているのかもしれませんが、Web制作や印刷物の制作している私でも役に立ちそうな鉄則が紹介されていて、なるほどなぁと納得できる内容でとても勉強になりました。

デザインによって印象にこれだけの差が出るのなら、もしかしたら過去に売れなかった商品でもパッケージの工夫次第で売り上げを伸ばす事ができるのかもしれません。

私もこの本で知り得た知識を活かして、『売れるデザイン』をモットーにデザインしたいと思います!

 

これってウィルスメール!?

こんにちは!u-micoです。
今回は、つい最近あったメールに関するお話です。

「普通に送信したメールが、先方からウィルスメールだって言われたんです!」
というお問い合わせがありました。
このお客様はすぐにウィルス対策ソフトでPC内をチェックし、感染していないことがわかったものの、なぜ取引先でウィルスと判定されたのか分からず再送するのがためらわれる、という状況でした。

お話を伺って分かった点は3つ。
・ご自身のPCはウィルス感染していない
・この1件のみで、他の取引先などでは問題ない
・添付したのは、今までも使用していたフォーマットから作成したPDFファイル

その他の内容からも問題ない状況と判断し、試しに該当メールを転送していただきました。すると、添付されてきたのは「winmail.dat」というファイル。PDFファイルは影も形もありません。

実はOutlookの場合、リッチテキスト形式(HTMLメール)で送信すると、Outlook以外のメーラーで受信した際に添付ファイルが化けてしまうというバグが発生するんです。
これがウィルスと疑われたようです。
※実際に「winmail.dat」をスキャンしてみましたが、問題ありませんでした。

原因が分かったので、リッチテキスト形式ではなく単なるテキスト形式でメールを作成し直し、再送していただくことで解決しました。

メールは今や、なくてはならないビジネスツールですね。

ウィルスメールを送る側にならないために…セキュリティはもちろん、フォーマット選択も重要

メールでの連絡は今のビジネスには欠かせないもの。
リッチテキスト形式を使えば、文字の色を変えたりレイアウトの調整ができて、より伝わりやすい内容にできます。
しかし、その分セキュリティ的にトラブルが起きやすいということも理解して使う必要があります。

なるべくテキスト形式でも伝わりやすい文章を心がけることが大切ですね。
また、レイアウトは他社から送られてくるメールマガジンなども参考になります。
記号を使った罫線で区切る、箇条書きにする、改行するポイントなどを真似してみると読みやすく整理できたりします。
興味がないから捨てる!という前に、そういう部分をチェックするのもオススメです。

なお、今回はお話の内容から問題ないと判断できることだったため対応しましたが、通常はこういったトラブルの場合、コーラルではPCを購入したお店やウィルス対策ソフトの窓口にお問い合わせいただいております。ご了承くださいませ。

セッション数激増、立冬後も熱いコーラル

こんにちは、イノウエです。
立冬を過ぎ、乾燥している日が続き、冬らしい空気になってきました。

そんな中、「バックストレージ(BackStorage)」、「ニュースブロック(NewsBlock)」を続けてリリースして近頃新サービスの熱いコーラルですが、旧サービス(?)も結構熱いです。

既にこのブログで紹介したことのある「CORAL Basic(コーラルベーシック)」。

コーラルベーシックのホームページキャプチャ画像

安定していたセッション数等の数値が、今年の3月から急に伸び気味だったのですが、先月の10月にはなんと、セッション数が今年2月の10倍以上になりました。

コーラルベーシックセッション数の変化グラフ

どうしてそうなったのか。

あまりの急激な変化に最初は戸惑いましたが、色々調べ確認して、一つの結論を得ました。結局、Googleの目指すところに沿ってサイトを作り、運営することが大切だということ。これは前からわかっていたことですが改めて確認しました。そしてその具体的な手法として、現在のところ有効に働く方法を2つ、これもまた改めて確認できました。

何でもやってみるものですね。

ウェブサイト/ホームページのアクセス数を伸ばしたいのだけどいまひとつ伸び悩んでいる、というクライアントに今回の知見を提供するなどして、大いに役立てていきたいと思います。

アクセスが伸びない。
どうやって訪問数を増やしたらいいのかわからない。

そんなお悩みがあったら、ぜひお問い合わせください。

ダニエルホー”Aukahi”、再入荷しました♪

こんにちは、akiです。

ただいま、AinaMallで大人気の商品をご紹介。
ダニエルホー(Daniel Ho)の”Aukahi“です。
aukahi300以前こちらのブログでご紹介したこともあるこの作品、なぜか最近入荷してもすぐに品切れを起こします。おそらく、2017年2月よりはじまるB’z松本孝弘(Tak Matsumoto)さんとのコラボツアーが発表になった事が大きいと思われます。
ダニエルホー=ウクレレ、というイメージの方も多いと思いますが、スラックキーギターの名手でもありますから、松本さんとのセッションは不思議ではありません! とても楽しみです。

ちなみに、ロングセラーの”Polani“も一緒に購入される方がとても多いです。送料も無料になりますし、ダニエルの代表作といっていいアルバムですから、納得の組み合わせです。
polaniその他にも珠玉の作品がたくさん♪ ダニエルのCDの品揃えならAinaMallにおまかせください! 新譜ももうすぐ到着予定です。”Aukahi“はすぐに在庫僅少になりますので、お早めにどうぞ。特に、リラックスしたい時に聞くのがおススメですよ〜。