最近のお仕事:書類の電子化で働き方改革へ「電子データ化センター」

こんにちは!u-micoです。
最近のお仕事で、電子データ化センター様の法人向けサイトリニューアルを担当しました。

電子データ化センターHP

色々な事例を知り、資料の電子化で驚くほど効率アップになるのだと学びました。

電子データ化とは、資料や図面、冊子など様々な紙媒体で作られたものをスキャンしてパソコンやタブレット端末、スマホなどで見られる状態にすること。
私たちの仕事でも資料やスナップ写真のスキャンを行うことがありますが、やはり専門業者の方はすごい!と思うことが多々(当たり前ですが)ありました。

その一つが「ペーパーレスアドバイザー」の資格。
比較的新しい資格で、知識・スキル・実践ノウハウをもってオフィスの「ペーパーレス」をゴールまで導くアドバイザーです。
電子データ化センターのほとんどの方がこの資格を取得しているんです!
通常は自社で計画して進める電子化も、計画からペーパーレスアドバイザーに任せられるのでスピードを持って進められるそうです。

そして機材も専門業者ならでは。
図面などの大きなものを扱える機材から、貴重図書などデリケートなものを扱える機材まで、様々な素材に対応できる環境でした。

今回のリニューアルを担当したことで色々な事例を知り、書類の電子化がどれだけ仕事の時短につながるかがよく分かりました。
膨大な資料から欲しいものを探すのに、バインダーを取りに行き紙をめくるより、パソコンで探したい資料のキーワードを入力するだけの方が早いですよね。
また、資料のままだと場所をとりますが、電子化で社内のスペースを有効活用できるほか、持ち運びもUSBやクラウド利用などで簡単になります。

今後起こる労働力不足の解消に向けて提唱されている「働き方改革」で、すぐに取りかかれて効果の出る方法としても注目が集まっているペーパーレス。
興味のあるかたは、ぜひ問い合わせてみてください。

電子データ化センターHP https://www.scan.ne.jp/