イルミネーション好きの方におすすめ♪「ジュエルミネーション」

こんにちは、mimiです。

先日、久しぶりに遊園地へ行ってきました! 10代〜20代の頃は遊園地の乗り物が好きで色々な遊園地に行っていましたが、最近は遊園地熱が冷めてとんと遊びに行っておりませんでした。

しかし今回はある遊園地のパンフレットを見たのがきっかけで、何年かぶりに遊園地へ行く気になりました。そのパンフレットは、ハートをモチーフにしたキラキラとした宝石を想わせるデザインで、多くの女性が興味を引くであろうデザインでした。それにまんまと私も引っかかり「行ってみたい!!」と思い、即行動に移しました。

行ってきたのは「よみうりランド ジュエルミネーション」です。ジェットコースターに乗るわけでもなく、ひたすら園内を歩き、イルミネーションを観て回りました。園内は「ジュエリーエリア」「アクアエリア」「フォレストエリア」等、エリア毎にテーマが決められていて、それぞれに光の色やイメージの違った装飾が施されていました。遊園地全てがカラフルに光り輝き幻想的で、パンフレットのイメージを裏切る事なく、想像以上に素敵なイルミネーションでした。

よみうりランド ジュエルミネーション

「よみうりランド ジュエルミネーション」※リンク先のドメイン変更・サイト構成変更などによりリンク切れとなる場合があります。ご了承ください。

ご存知の方も多いかと思いますが、この「ジュエルミネーション」は2010年から続いているイベントで、世界的照明デザイナーの石井幹子(いしいもとこ)さんがプロデュースする「東京都内最大級、500万球の宝石イルミネーション」と銘打ったイルミネーションです。

石井さんは、東京湾レインボーブリッジ、東京タワー、浅草寺、歌舞伎座etc…数々の照明に携わっているそうです。私が「照明デザイナー」という仕事を知ったのは、恥ずかしながら最近の事です。今回の「ジュエルミネーション」を観に行って、照明デザイナーは日常の空間でさえも光で幻想的に演出し、多くの人に感動を与える素敵な職業だなぁと改めて思いました。

「よみうりランド ジュエルミネーション」は2017年2月19日まで開催しているそうです。イルミネーション好きの方、是非足を運んでみてくださいませ。

SNS運営とホームページ「Instagramを利用する」

こんにちは!u-micoです。
最近 緑山ゴルフスタジオ様のホームページリニューアルを担当させていただきました。

緑山ゴルフスタジオ

新しいサイトは画像を充実させ、明るい雰囲気を意識しました!

その際、新しいSNSを導入したいというご要望がありまして…
もともとTwitterを運用してらして、それを新着情報としてホームページにも掲載していたため、類似の情報発信サービスは不要と感じました。
そこで数あるSNSサービスを検討してみた結果、すぐに始められて手軽に更新できるものとしておすすめしたのがInstagramです。
これならTwitterを文章による情報発信、Instagramを画像による情報発信として住み分けができます。
早速アカウントを取得し、ホームページにも掲載しました。

Instagram部分

最新の投稿をホームページへ自動掲載させるようにしています

ちなみに、写真SNSが一般的になり始めたころは よく「Pinterestが良い」という話も出ていましたが、実はPinterestは画像のブックマークツールのようなもの。
画像収集サービスなのです。
ファッションやアート系の情報を掲載するサイトなどには適していますね。
(デザイン会社であるCORALのこのブログもPinボタンを導入しています)

さて、Instagramは2010年にリリースされたアプリですが、当初SNSとしての認知度はそれほどなかったように思えます。
SNSというより、写真加工アプリとして捉えている人も多かったのでは?
しかしモデルやタレントで利用する人が増えてきたこともあり、日本でも2014年頃から爆発的に人気が出てきました。

Instagramの良さは【撮って → 加工して → 掲載】がスムーズに行えること。
特に加工という部分ではフィルターが充実しているので、ある程度の世界観を統一した投稿をしやすく、企業のブランディング戦略にも使えます。

更にこの加工のしやすさが一般ユーザーの投稿につながり、被写体を求めて観光や消費を促す結果となっています。
今では「Instagramに掲載するため」が購入動機の一つなのです。

今回 緑山ゴルフスタジオ様のケースは情報発信(施設の情報をわかりやすく提示する)という目的で運用していますが、それだけに止まらず様々な業種で色々な利用方法が考えられるツールの一つです。
ただし きちんとガイドラインを設けて運用しないと、炎上するケースもあります。
これは他のSNSと同じですね。

CORAL

CORALのホームページにも「Recent Photo」として宮川が撮影したInstagram画像が表示されています

CORALではその他のSNS運用もサポートしています。
これから導入したいサービス、すでに運用しているが伸び悩んでいるサービスなど、ご不明なことやお困りのことがあれば、ぜひご相談くださいませ!

酉年の年頭に12年前を振り返りつつ今年について思うことなど

こんにちは、イノウエです。
今年のコーラルブログもどうぞよろしくお願いいたします。

2017年酉年のイメージ

年明けに届いた年賀状の中に、焼き鳥屋さんを思い起こさせるデザインのものがいくつかありました。いずれもハガキ作成ソフトや素材集・テンプレート集などのものだろうと思いますが、効果抜群(?)で年始早々に焼き鳥を食べたくなったのでした。

12年前はどうだったかな、とふと思って12年前の年賀状を引っ張り出してみると、最近の年賀状からはすっかり姿を消した、手作り感満載の年賀状が意外なくらいたくさんありました。

色やモチーフの様々なスタンプが押してあったり。
きれいな紙が手作業で貼り付けてあったり。
なんと懐かしの芋版、消しゴムはんこまで。

情報化や自動化、機械化の影響で、いかにも作ってあったものを印刷しました感のある年賀状が最近多くなったのだろうと思います(ここまで「〇〇化」って書くと社会学の本みたいだ)。最近いただく年賀状にはデザインの秀逸なものもたくさんあるので触発されはしますが、プロが作ったと思われるものが多い印象。差出人のセンスや趣向が色濃く出て楽しい手作り年賀状が12年前はこんなにあったのかと、ちょっと昔が懐かしくなりました。年のせいでしょうか。

もはや恐竜にしか見えないのです。

もはや恐竜にしか見えないのです。

新聞やテレビでしばしば「申酉騒ぐ」と見聞きします。
株式相場の格言で、申年と酉年には株価が激しく上下する、ということを言うのだそうですが、酉年の2017年はさてどうなりますことやら。

猿や鶏が騒いでも「やや賑やか」くらいで済んだらいいなぁと思いますが、国際情勢をはじめ世の動きというか様々な秩序の変動がますます激しくなりそうで、怖いような楽しみなような・・それはともかく年頭にあたり皆様のご多幸とご健勝を祈念申し上げます。

参考:野村證券 | 申酉騒ぐ(証券用語解説集)