勝ち虫がやって来た

こんにちは、akiです。
あっという間に8月も終わってしまいますね! 今年の夏も私は親戚宅を訪問&お墓参りをしてきました。
帰り際に親戚宅に寄ると、倉庫にオニヤンマが一瞬とまって、ふっと去って行きました。その時オニヤンマを見ながら親戚が「勝ち虫だから(縁起が良い)」というようなことをつぶやいていました。

昔からトンボは家紋だったり、戦国武将の兜にデザインされたりと昔から縁起が良いとされています。テレビドラマでも主人公の作る製品にトンボのマークがデザインされていたこともありました。
前にしか飛ばないことで「不退転の意志」をあらわしている、と昔の人は捉えたようです。こうありたい、という願いを込めていたのかもしれません。トンボって、スーパーポジティブの象徴なんですね。
一方、西洋では全く逆で「不吉な予感の使者」みたいなイメージだそうです。なんだかちょっと意外ですが……。

ちなみにDTPでよく使われる「トンボ」という用語も、やはりフォルムがトンボに似ているからそう呼ばれるようになったそうです。もっともこれは日本限定の呼び名だそうで、英語にすると”trim marks””registration marks”など、もはやトンボはどこかへ飛んで行ってしまっています。外国の方からすると、きっとトンボに似ているという発想にも至らないんでしょうね。

coralblog20190827

トンボとトンボ


私もトンボにならってお仕事にグイグイっと邁進したいと思います^^

最近のお仕事:書類の電子化で働き方改革へ「電子データ化センター」

こんにちは!u-micoです。
最近のお仕事で、電子データ化センター様の法人向けサイトリニューアルを担当しました。

電子データ化センターHP

色々な事例を知り、資料の電子化で驚くほど効率アップになるのだと学びました。

電子データ化とは、資料や図面、冊子など様々な紙媒体で作られたものをスキャンしてパソコンやタブレット端末、スマホなどで見られる状態にすること。
私たちの仕事でも資料やスナップ写真のスキャンを行うことがありますが、やはり専門業者の方はすごい!と思うことが多々(当たり前ですが)ありました。

その一つが「ペーパーレスアドバイザー」の資格。
比較的新しい資格で、知識・スキル・実践ノウハウをもってオフィスの「ペーパーレス」をゴールまで導くアドバイザーです。
電子データ化センターのほとんどの方がこの資格を取得しているんです!
通常は自社で計画して進める電子化も、計画からペーパーレスアドバイザーに任せられるのでスピードを持って進められるそうです。

そして機材も専門業者ならでは。
図面などの大きなものを扱える機材から、貴重図書などデリケートなものを扱える機材まで、様々な素材に対応できる環境でした。

今回のリニューアルを担当したことで色々な事例を知り、書類の電子化がどれだけ仕事の時短につながるかがよく分かりました。
膨大な資料から欲しいものを探すのに、バインダーを取りに行き紙をめくるより、パソコンで探したい資料のキーワードを入力するだけの方が早いですよね。
また、資料のままだと場所をとりますが、電子化で社内のスペースを有効活用できるほか、持ち運びもUSBやクラウド利用などで簡単になります。

今後起こる労働力不足の解消に向けて提唱されている「働き方改革」で、すぐに取りかかれて効果の出る方法としても注目が集まっているペーパーレス。
興味のあるかたは、ぜひ問い合わせてみてください。

電子データ化センターHP https://www.scan.ne.jp/

マンゴーの水耕栽培2

こんにちは、mimiです。

先日、かわみつ農園様からマンゴーを戴きました!
1年前にこのブログに投稿した記事「マンゴーの水耕栽培♪」のポトリ果マンゴー(アップルマンゴー)です。

マンゴーの種の皮をキッチンバサミで切る画像

とても美味しいマンゴーです! あま〜い香りに、思わずゴクリ・・

当時、中の種を取り出して育てることにしたのですが、1年が経った今も元気に育ってくれて現在40センチほどに成長しました。

元気に成長中です!

また成長過程をこのブログに投稿していきたいと思いますのでお楽しみに♪