勝ち虫がやって来た

こんにちは、akiです。
あっという間に8月も終わってしまいますね! 今年の夏も私は親戚宅を訪問&お墓参りをしてきました。
帰り際に親戚宅に寄ると、倉庫にオニヤンマが一瞬とまって、ふっと去って行きました。その時オニヤンマを見ながら親戚が「勝ち虫だから(縁起が良い)」というようなことをつぶやいていました。

昔からトンボは家紋だったり、戦国武将の兜にデザインされたりと昔から縁起が良いとされています。テレビドラマでも主人公の作る製品にトンボのマークがデザインされていたこともありました。
前にしか飛ばないことで「不退転の意志」をあらわしている、と昔の人は捉えたようです。こうありたい、という願いを込めていたのかもしれません。トンボって、スーパーポジティブの象徴なんですね。
一方、西洋では全く逆で「不吉な予感の使者」みたいなイメージだそうです。なんだかちょっと意外ですが……。

ちなみにDTPでよく使われる「トンボ」という用語も、やはりフォルムがトンボに似ているからそう呼ばれるようになったそうです。もっともこれは日本限定の呼び名だそうで、英語にすると”trim marks””registration marks”など、もはやトンボはどこかへ飛んで行ってしまっています。外国の方からすると、きっとトンボに似ているという発想にも至らないんでしょうね。

coralblog20190827

トンボとトンボ


私もトンボにならってお仕事にグイグイっと邁進したいと思います^^