ロードバイクで大涌谷に再挑戦

こんにちは、tsutomuです。

去年ブログに書いた、ロードバイクで箱根湯本から大涌谷まで完走できなかったコースに再挑戦してきました。

今回はどこにもよらず、まっすぐ大涌谷に向かい完走することができました。
往復で走行距離は約30キロで3時間半かかりました。
休憩せずに上がりたかったのですが一度足をついてしまうと何度も休憩をしてしまいました。
ずっと坂で大変ですが、森林浴のように沢山の緑の中を走行するのは気持ちが良かったです。
次回の目標は休憩無しで完走できるよう頑張りたいと思います。

帰りは箱根にある天山という温泉に入って、ゆっくり癒やされてきました。
天山は温泉の雰囲気が好きでよく利用しています。
宿カフェざしきぼっこという休憩スペースなどもあり充実した施設ですごく人気のようでした。
興味のある方は是非行ってみて下さい。

心身ともにリフレッシュができたので仕事を頑張りたいと思います。

飴は泣く

こんにちは、akiです。
先日の夏季休暇では親戚宅を訪問し、祖父母のお墓参りをしてきました。

ちょうどその数日前。
コーラルは飴を常備しているのですが、そのうちのひとつが溶けかけてしまいました。

はちみつとゆず!

ベタベタしていたので「飴が泣いてますねぇ」と私が言ったところ他のスタッフに通じず、「飴が泣く」という表現がどうも標準語ではないことがわかりました。

そこで親戚宅に遊びに行った際に、「飴が泣く、って言うよね?」と聞いてみました。
他県から嫁いできた叔母以外、ほぼ全員が「飴は泣くけどそれがどうした?」と即答。
むしろ「当たり前のこと聞くなよ」という雰囲気でした。おお、やっぱり飴は泣くものだよね、となぜか安心。

一方で、「飴が笑う」とは言いません。それに、飴が口の中に入ってしまったら最後溶けていく以外選択肢はないのに、それは「泣く」とは言わないんですよ。

きっと、泣くときに思わず出る「涙」が、図らずも溶けてしまった飴とシンクロするのでしょうね。

ぅぅぅ

……飴ひとつでかなりややこしい話になりましたが、とにかく、方言もなかなか叙情的でよいものです。