ヘアドネーションをしてきました。

こんにちは!u-micoです。
前回も書いたように1年以上お休みしていたもので、復帰にあたっては「今のうちにできることを」と思い立ち、美容院へ行ってきました。

実は10年ぐらいぶり(笑)
いつもは自分でテキトーに切って、テキトーに梳いて、普段はまとめ髪にしていたので、ちっとも縁のない場所になっておりまして…(汗)
それが何故かというと、単に髪を切るのではなく、以前から気になっていた「ヘアドネーション」をしたかったからなのです。

皆さん、ヘアドネーションってご存知ですか?
最近では有名人がバッサリ髪を切って「ヘアドネーションしてきました」とSNSに掲載していたりするので、以前よりは認知度が上がってきているようです。が、まだまだご存知ない方のほうが多いそう。

ヘアドネーションとは、病気や薬の副作用で髪の毛を失った人が使うウィッグの元となる髪の毛を、寄付することを言います。詳しくは 特定非営利活動法人 ジャパンヘアドネーション&チャリティー をご覧になってみてください。
このサイトではヘアドネーションの詳しい説明が見られるだけでなく、ドネーションサロン(ヘアドネーションに賛同し、寄付用のカット、送付を行ってくれるサロン)を検索することもできます。私もこの機能を使って、今回伺ったお店を見つけました!

さて、長々と前置きをしたところで本題(こっからかい!笑)

青葉台には美容院がたくさんありますが、私が調べた範囲では青葉台のドネーションサロンはここだけでした。hair&relax Suu(ヘアサロン&リラックス スウ) さん。

青葉台の美容室「スウ」

青葉台の美容室「hair&relax Suu(ヘアサロン&リラックス スウ)」お店の外にはお花がいっぱいあってステキでした!

まずはBefore。
長すぎて撮ってもらうのが大変そうでした。すみません!

Before

我ながら長い!そして、ボサボサでお恥ずかしい…

まずは寄付する長さを決めます。
ヘアドネーションをするには31cm以上の長さ(寄付する髪の長さ)が必要です。また、ロングヘアのウィッグを作るには50cm以上が必要だとか。
ロングヘアのウィッグは常に不足しているそうなので、バッサリいってもらいました。

ちなみに31cmに満たない長さでも無駄になることはないそうなので、お店に相談してみると良いと思います。

Before2

こうやって少しずつ束ねてから切っていきます。

ヘアドネーション用のカットは髪が乾いた状態で行います。
最初の一刀目は自分でやらせてもらえて、楽しかった♪

ザクザク切ってもらい、かなり頭が軽くなったところでシャンプー台へ。
スウさんでは、ヘアドネーションの特典としてヘッドスパを施術しているとのこと。
知らずに行ったので びっくり!思いがけない至福の時間を過ごして参りました。

そしてAfter。

After

最後に仕上げのカット。これでも十分長いですよね。

この日は私の他にもう一人、ヘアドネーションの予約が入っているとのことでした。
やはりヘアドネーションの認知度が上がっているんでしょうね。この記事で、さらに知ってくれる人が増えるといいな。(ちゃんと説明できたか若干不安ではありますが…)

After2

アメコミ風の顔にて失礼!送る毛束を持ってみたら結構ズッシリ。これで肩こりも解消?

ちなみに料金は通常のカット料だけでした。
切った髪を送付してもらったり、ヘッドスパをサービスしてくださったり…寄付をしに行ったというのに逆にしてもらった感がたっぷり。癒されて帰ってきました。
本当にありがとうございました!