ヘアドネーションをしてきました。

こんにちは!u-micoです。
前回も書いたように1年以上お休みしていたもので、復帰にあたっては「今のうちにできることを」と思い立ち、美容院へ行ってきました。

実は10年ぐらいぶり(笑)
いつもは自分でテキトーに切って、テキトーに梳いて、普段はまとめ髪にしていたので、ちっとも縁のない場所になっておりまして…(汗)
それが何故かというと、単に髪を切るのではなく、以前から気になっていた「ヘアドネーション」をしたかったからなのです。

皆さん、ヘアドネーションってご存知ですか?
最近では有名人がバッサリ髪を切って「ヘアドネーションしてきました」とSNSに掲載していたりするので、以前よりは認知度が上がってきているようです。が、まだまだご存知ない方のほうが多いそう。

ヘアドネーションとは、病気や薬の副作用で髪の毛を失った人が使うウィッグの元となる髪の毛を、寄付することを言います。詳しくは 特定非営利活動法人 ジャパンヘアドネーション&チャリティー をご覧になってみてください。
このサイトではヘアドネーションの詳しい説明が見られるだけでなく、ドネーションサロン(ヘアドネーションに賛同し、寄付用のカット、送付を行ってくれるサロン)を検索することもできます。私もこの機能を使って、今回伺ったお店を見つけました!

さて、長々と前置きをしたところで本題(こっからかい!笑)

青葉台には美容院がたくさんありますが、私が調べた範囲では青葉台のドネーションサロンはここだけでした。hair&relax Suu(ヘアサロン&リラックス スウ) さん。

青葉台の美容室「スウ」

青葉台の美容室「hair&relax Suu(ヘアサロン&リラックス スウ)」お店の外にはお花がいっぱいあってステキでした!

まずはBefore。
長すぎて撮ってもらうのが大変そうでした。すみません!

Before

我ながら長い!そして、ボサボサでお恥ずかしい…

まずは寄付する長さを決めます。
ヘアドネーションをするには31cm以上の長さ(寄付する髪の長さ)が必要です。また、ロングヘアのウィッグを作るには50cm以上が必要だとか。
ロングヘアのウィッグは常に不足しているそうなので、バッサリいってもらいました。

ちなみに31cmに満たない長さでも無駄になることはないそうなので、お店に相談してみると良いと思います。

Before2

こうやって少しずつ束ねてから切っていきます。

ヘアドネーション用のカットは髪が乾いた状態で行います。
最初の一刀目は自分でやらせてもらえて、楽しかった♪

ザクザク切ってもらい、かなり頭が軽くなったところでシャンプー台へ。
スウさんでは、ヘアドネーションの特典としてヘッドスパを施術しているとのこと。
知らずに行ったので びっくり!思いがけない至福の時間を過ごして参りました。

そしてAfter。

After

最後に仕上げのカット。これでも十分長いですよね。

この日は私の他にもう一人、ヘアドネーションの予約が入っているとのことでした。
やはりヘアドネーションの認知度が上がっているんでしょうね。この記事で、さらに知ってくれる人が増えるといいな。(ちゃんと説明できたか若干不安ではありますが…)

After2

アメコミ風の顔にて失礼!送る毛束を持ってみたら結構ズッシリ。これで肩こりも解消?

ちなみに料金は通常のカット料だけでした。
切った髪を送付してもらったり、ヘッドスパをサービスしてくださったり…寄付をしに行ったというのに逆にしてもらった感がたっぷり。癒されて帰ってきました。
本当にありがとうございました!

花火写真2014☆

こんにちは!u-micoですfish
8月ももう終わりですね。
社会人の夏休みは「あっ!」という間に終わってしまいますが、イベントの多いこの時期はアフター5(この言い方古い?笑)こそ楽しめる!ですよねhappy02

その最たるものと言えば花火大会。
昨年も「花火の写真を撮ろう。」でご紹介しましたが、もちろん今年も行ってきました。撮ってきましたgood

今年の撮れ高はこんな感じ。

花火大会2014

やや風の影響もありましたが、かなりクッキリ撮れました♪

最近の花火はカラフルですよね〜。
1玉で青→赤→緑と色が変わるものもあったりして。
こんなのはもう動画じゃないとムリですけど。

毎年きちんと季節の風物詩を楽しめることに感謝しつつ、今年も夏を満喫したu-micoなのでした。

岩合光昭さんの写真展へ行ってきました!

こんにちは!u-micoですsun
先日、岩合光昭写真展「ねこ」を見に行ってきました。

岩合光昭さんとは、NHK BSプレミアムの番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」でご存知の方も多いのではないでしょうか。世界で活躍されている動物写真家です。

岩合さんのカメラは猫の目線と同じ高さに構えられていて、かれらの表情豊かな瞬間を切り取っています。
だからこそ、その写真からは猫たちの日常が伺えます。
かわいい猫、癒し系の猫、ニヤッと笑ってしまう猫、「コイツ悪そー(笑)」な猫…
そして写真の中にいるかれらが、その時どういう気分だったのか?
思わずそんな想像せずにはいられないヒトコマばかりなんです。

 

岩合光昭写真展「ねこ」

会場の「こちらは撮影しても構いません」のパネルを見つけて、早速♪

この写真展は、40年以上撮影し続けた写真のうち「ねこ」を集めたもの。
その中には岩合さんの愛猫「海ちゃん」のコーナーや、猫島として有名な田代島のコーナーがありました。
実は田代島というと、東日本大震災の後、個人的に支援させてもらった「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト」というご縁があったので、実際の島の様子(震災前だと思いますが…)が見られて、それも感激でした。

残念ながら岩合光昭写真展「ねこ」は、8月25日(日)が最終日でした。
(なんと最終日だけで10,000人以上の来場者数だったようです!)
現在は「ネコライオン」という最新作の写真展が開催されています。
興味のある方はぜひ!
東京都写真美術館にて、10月20日(日)までです。

今回紹介した写真展の本と、個人的に大好きな猫のブログ本をリンクしときまーすhappy02

ボクシング

noriですshine
先週友達のボクシングの試合を応援しに行きましたdash
井上さんのご趣味のオーケストラ鑑賞とはうってかわって、

私は格闘技が大好きで、友達の試合以外にも、
K-1等の大きい大会とかよく見に行きますscissors

boxing

友達は田村啓、A級ボクサー。

花形ボクシングジムの負け越しボクサーです。

結果からいうと今回も負けました。(も、です。)
でも今までの中で1番良い試合だったと、

皆が口を揃えて言ってました。

前回の試合でたった6回戦で
「もぉ〜〜〜〜無理sign03

言ってた奴が、今回は最後の最後まで、
本人の「勝ちたい」意志が現れてました。
判定に持ち越されたら負けるんだろうけれど、
もしかしたら一発逆転KOで勝っちゃうんじゃないかしらsign02sweat01
って楽しませてくれる試合でしたup

今回のメインは10戦10勝中の日本フライ級9位のランカーと、
14戦6勝8敗の負け越し中の選手の試合。
10戦10勝中の方は入場から応援がすごいし、お祭り騒ぎshine
もう勝ちが見えきってるんで、余裕まんさいですねsmile

さぁ〜始まったsign03カァ〜ンsign03

の、1ラウンド2分何秒かで、

なんと負け越してた方のボクサーが勝ったんですねdash
みんなびっくりsweat02

ほんと、これだから人生って何が起きるか分からない。。

試合の後も花形ジムの皆さんとご飯を食べたり、
いつも楽しい会長と話を聞いたり、楽しかったshine

とまぁ、お休みの日には
片やオーケストラに片や格闘技、、
キャラクター濃すぎのコーラルでしたsun

パコと魔法の絵本

noriですup

少し古くなるのですがパコと魔法の絵本を観ました。

pako

ゲロゲーロ♪ガマ王子

中島哲也監督の作品は全て大好き。今回もワクワクしながら、
DVDを借りました。(新作料金でなくなるのを待って。。)

1人で観て、予想外の大号泣dash
内容は子供でも観れる、単純で分かりやすいもので、テンポが良い。

パコ少女の絵本からストーリーが展開していくのですが、
良い絵本というのは大人になって読んでもおもしろいものです。
大人になるにつれて忘れてしまった純粋な気持ちや素直さを、
子供に戻ったかのように思い出させてくれます。

単純なんだけど、素直な表現が、心に残る。

さてパコと魔法の絵本。
私は土屋アンナさんが大好きなのですが、
阿部サダヲに劇団ひとりに、、パンチの効いた役者さんが、いつも勢揃い。
笑いあり涙ありで大忙しでした。

キャスティングのセンスの良さはもちろん、
私は中島哲也監督の作る世界が大好きです。
幻想的で、派手で、ギラギラチカチカしているポップなデザイン。

私は本当に、こういうものが作りたいのである。
「可愛い」と思うものは人それぞれだけれど、
その中でも私は万人ウケしない個性的ものが好きなのだと思いますdash

時間があったら是非見て下さい。とても暖かい気持ちになれます。
私は、これは世界に出せる大傑作だと思いますshine